水質計校正サービス

電気抵抗率・伝導率計を末永くご使用いただくために、
「水質計校正サービス」をご提供しています。
弊社の水質計を、長期間・正確に・安定してご使用いただくために、定期的な点検・校正を行っていただくことを推奨しています。
定期的に点検・校正を行う事により、水質計の測定値の信頼性を確保する事で、製品の品質を安定させることにつながります。また、センサーや表示器の経年劣化や使用環境による誤検知等の前兆を早期に発見する事で、装置・設備の信頼性向上や稼働率向上にもつながりますので、是非、弊社の「水質計校正サービス」をご利用ください。

水質計校正サービスの種類

◆現地校正サービス

弊社の作業担当者が、水質計が設置されている施設へお伺いして、現地で校正作業を行います。装置・設備の停止は不要で、実際の稼働状態でセンサーが正しく測定しているか確認できます。

<現地校正がおすすめです>

  • ◆校正作業中も設備・装置の停止は不要※
  • ◆取り外しや輸送の手間が不要
  • ◆現地環境を含めた、信憑性の高い校正が可能

※校正作業中に1台あたり30分〜1時間程度、水質測定ができなくなります。

◆引取校正サービス

ご使用中の水質計本体とセンサー・センサーケーブルを取り外し、弊社工場へ送付していただき、工場内で校正作業を行います。工場内で作業をおこないますので、正確な校正作業が可能です。

pagetop

校正対象機種

  • 水質計本体
    7721/7722/7727シリーズ、7733-A100※1、7731シリーズ、7732シリーズ
  • 水質計センサー
    7701センサーシリーズ(7701-S300、S310、S400、500、S600)

※1:測定レンジを1000μS/cm以上に設定している場合は校正対象外となります。
※2:現地校正では本体単体、センサー単体のみの校正は行っておりません。

pagetop

校正の周期

電気抵抗率計・伝導率計の校正周期は、1年に1回の校正を推奨しています。長期間校正を行っていない機器では、測定値の信頼性が低くなり、製品品質の悪化や設備機器の稼働状況に悪影響を及ぼす可能性もあります。製品品質の確保や設備機器の信頼性向上のためにも、水質計の定期的な校正をご検討ください。

校正の周期

pagetop

安心の品質管理体制

◆品質を支える検査機器

点検で使用する各種校正用標準器は、国家標準に基づく検査を受けた機器を使用し、定期的に検査を行っていますので、信頼性の高い点検・校正作業が可能となっております。

※基準器センサーの管理について

電気抵抗率・伝導率センサーは国家基準がありませんので、自社基準に基づく管理を行っております。
[トレーサビリティ体系図(参考)]

◆点検・校正作業の管理

点検校正作業は、点検作業要領書や点検校正表を用い作業の標準化を図っています。また、機器の点検校正及び修理には高度の技術と専門知識が必要です。弊社では高い技術力を維持するために作業担当者に専門教育を行っております。

pagetop

校正サービスに関するお問い合わせは

校正サービスのご用命やご質問など、各種お問い合せは下記の「お問い合わせフォーム」からお気軽にお問い合わせください。その際は型式、製造番号、製品の状態をお知らせください。

お問い合わせフォーム電話での問い合わせ 03-3641-4488(東京営業所)

pagetop